FC2ブログ
 smAll tAlk
www.cheskydom.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--|
  2. スポンサー広告|
  3. trackbacks(-)|
  4. comments(-)

冷え込んでます。

昨日からのどの調子が変です…。
ちょっと気になることがあって、土曜日にかかりつけの病院に行ったのですが、そこでもらってきてしまったんかなぁ。
気になっていたこと自体は、結局先生に笑い飛ばされてしまうような何でもないことだったんだけど(^_^;)
風邪もらいに行ったみたいな…。損したわぁ。
まぁ、診察代370円で安心を買ったようなものだけど。
しかし、インフルエンザの予防接種予約してたのにこれじゃ受けられないなー。

こちら京都でも急に冷え込んできて、紅葉をお目当てに来られる観光客が溢れているようですね。
そんな中(関係ないか)、うちの仕事部屋(北向き)が急に寒くて仕方がなくなってきたので、
去年に引き続き、暖房器具の買い換えを考え始めました。
結局去年はそれほど寒くもならなかったので、小さなハロゲンをそのまま使い続けたんだけど。
灯油を使ったりするものはもうイヤだし、電気系のものは本当に部屋全体が暖かくなるのか
判断できないんだよねぇ…。
むずかしい。
スポンサーサイト
  1. 2007/11/20(火) 10:03|
  2. ツレヅレ|
  3. trackbacks: 0|
  4. comments: 0

ボンメルシィ!

もうひとつお知らせです。

ベネッセの直販誌『ボンメルシィ!』で、イラストを描かせて頂きました。
こちらは食育の雑誌で、お子さまと一緒にお料理ができる付録がついてきます。
幼児向けのlittleと小学生向けのschoolとがありまして、私は冬号のパンダの中華まんづくりの
コーナーなどのパンダのイラストを描かせて頂きました。

この雑誌、毎日の献立に役立ちそうな情報もたくさん載っていて、お母さんにとってもなかなか楽しめるものになっていると思います。
冬号、littleの方は只今購読申込受付中のようですので、お子さまをお持ちのお母様がた、
よろしければご検討くださいませ(笑)
  1. 2007/11/15(木) 19:33|
  2. インフォメーション|
  3. trackbacks: 0|
  4. comments: 0

年賀状。

年賀状のイラストのお知らせです。

コチラのマイプリント様のページで私が描いたイラストの年賀状印刷をご注文頂けます。
これは、年賀はがきに印刷までやってもらえるタイプです。
価格は例えば、50枚で5,649円、100枚で8,064円となっています。

「自分でプリントする余裕がない!」という方はこちらをご利用になられてもいいのでは。
  1. 2007/11/15(木) 18:57|
  2. インフォメーション|
  3. trackbacks: 0|
  4. comments: 2

狩野永徳。

狩野永徳
先日、京都国立博物館で開催中の狩野永徳展を観てきました。
会期半ばの平日午前10時頃に行ったにも関わらずすごい人出で、60分待ちの状態でした。
やっぱり全国から人が来てるのかなぁと。
京都駅では呼び込みなんかもしてるので、観光で来られている方もふらっと寄られるのでしょうか。
それにしてもすごい行列なので、観光で来られている場合は尻込みしてしまうでしょうが…。
展示はというと、そんな混み混みの状態で、しかもちょっと急がなければいけない事情もあり、ゆっくり鑑賞することはできなかったのですが、永徳の作品を贅沢に楽しめるものになっていました。
私は、絢爛豪華な金地の作品よりも、墨だけで描いた水墨画の方が好きです。
大徳寺の聚光院で見た国宝 花鳥図襖はやっぱり素晴らしい。
個人的には、以前観た伊藤若冲展の方が面白かったのですけど…。

それにしてもすごいのがこの写真の図録。
装丁なども立派な、300ページを超えるこの大きな図録がなんと2500円でした。
太っ腹。
細かく見ていくとまた面白いです。

最終日が11/18と迫っていますので恐らく激混みかとは思いますが、あれだけ一同に会した作品展は見る価値ありだと思いますので、お近くの方、京都にお越しの方は足を運ばれてはいかがでしょうか。
  1. 2007/11/15(木) 11:14|
  2. ステキナモノ|
  3. trackbacks: 0|
  4. comments: 0

麦の海に沈む果実

麦の海に沈む果実 (講談社文庫)
麦の海に沈む果実 (講談社文庫) 恩田 陸
三月以外にやってくる転入生は、学園を破滅に導くだろう。
湿原に囲まれた全寮制学園。謎の失踪をとげる生徒たち。奇妙な学校行事と、図書館にあったはずの謎の本。──夜と昼をあやつり師が築く影絵のごとき大伽藍。

ファンタジーっぽいので、最初入っていきづらい感じはあったけど、
努めて絵を思い描くようにしたら、入り込むことができた。
どんどん絵が浮かんできて、面白くなっていく。
ただ、終わりの方がちょっとバタバタっとしすぎたかなぁという印象。
なんとなく、置いてけぼりにされた感が。
途中面白かっただけに残念でした。
でも続編買っちゃうけど。
  1. 2007/11/01(木) 13:17|
  2. ヨミモノ|
  3. trackbacks: 0|
  4. comments: 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。